龍安寺石庭

京都での学会の帰り道、会場近くの龍安寺を訪れた。30年ぶりである。 枯山水で著名な方丈の前庭に数十人が足を止めて座り込み、ほとんど...

本音と建前

若きスイマーたちが、日本代表をかけて競っている。 4年前、20歳でトップに躍り出た子がすでに老いて、今はたちの子に首位の座を明け渡...

土佐の喘ぎ

名古屋国際マラソンを前にして、土佐礼子は心に期すものがあったろう。 名古屋のコースはいわゆる悪路で記録が出にくいといわれ、しか...

わが国の士

最近話題になっている前レバノン大使、天木直人氏の“さらば外務省”を読んだ。 そのなかで、駐米大使を務めた斉藤邦彦氏についての記述は...

補償はいつまで?

医学生時代のことである。或る時、数人の仲間と宴席を囲んで、とりとめもない話をしていた。と、隣にいたK君がそばのO君に向かって、“お前...

名こそ惜しけれ

総選挙直前に、悪代官、藤井の首をとって自民党支持へ流れを一挙に加速しようとした官邸の思惑ははずれた。 5時間もかけて辞職の言質...