スウェーデン紀行

1979年の秋、学会出席のためスウェーデンへ出発した。アンカレッジ経由であったから、エコノミークラスの狭い客席に閉じ込められ、16時間、...

プラハ紀行

霧にけぶるモルダウから望む冬のプラハは、音も色も息を潜めたかのごとく、ひっそりしている。 2度にわたり世界大戦の戦禍を逃れたこの街...

ベルリン紀行

ベルリンで知り合ったI氏は、在独30年の日本人である。 長らく西ドイツのミュンヘンに住み、牧歌的風土がとても気に入っていると話して...

花鳥風月の花鳥は地上に生ける動植物を、風月は雨、風、雲、月など見上げる大空の移ろいを表わしている。 かつてわれらの祖先は、音も色も...

ベルギー紀行

ベルギーは人口1千万、四国と九州の中間くらいの小国である。 とくにベルギー語というものはなく、北部(フランドル地方)はオランダ語、...