戌年となり


街で見かける犬についてである。

年が明け、いきなり面目をほどこしたかの如き扱われようである。

かれらも戸惑いを隠せないが、なんの数日のことである。

すぐ平穏な日々に戻る。

まわりには数多くの動物がいるが、ひとに最も気に入られている点では、犬をもって第一とする。

一緒にいる間、感情をおさえて主人に尾を振り、相手に合わそうとする努力は涙ぐましい。

自己抑制ができる動物としては傑出している。

かれら自身、伴侶を選ぶには得心いくまで相手を見定めるであろうが、こと主人だけは、みずからに選択の余地はない。

驚くのは、主人の横暴に対する不平不満を一切いわないことで、この重大な一点において、われわれは完全に負けている。

嗅覚に優れ、事件があると現場に残されたわずかなにおいを記憶し、逃げた犯人を追跡する技能をもつ。

何キロも離れたところで主人を見失っても、そのうち自宅に戻ってきたという話しにはいとまがない。

よほど高感度のカーナビのごときものを持ち合わせているのであろう。

見知らぬものはことごとく敵と心得、闘争心をかきたてるが、わが主人から一度紹介をうけると、もはや間違うことはない。

記憶力もあなどれないのである。

特筆すべきは、如上の能力を一切隠して、謙虚な姿勢を崩さないことである。

なかなかにしたたかな動物ではないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする